IKIREI(イキレイ)購入レポート|買って使ってみた

IKIREI(イキレイ)購入レポート|買って使ってみた

IKIREIでおすすめなのはPeach&Mint風味のもので、内容量は40g、控えめに歯磨き粉と一緒に使って1カ月は使えるボリュームです。

 

初回購入して使用後に定期購入解約するのも問題なくスムーズでした。確かに子どもでも高齢な方でも使用できて、口臭予防のサポートにはなるでしょう。

 

率直な感想|思ってたより小さい

おしゃれ&使い勝手はいい

IKIREIのPeach&Mintは画像のようなデザインで、箱に入って届きました。片手で握りしめられるくらいの大きさで、女性のかばんにも入れられます。

 

IKIREIのキャップは簡易的なスクリューキャップで、少し回すだけで開けられます。お化粧しながら指2本で挟みながらでも開けられ、おそらく幼い子どもでも簡単に開けられます。

 

逆にかばんの中で雑に入れておくと、キャップが開いてしまって、中身が全部出てしまって、使い物にならなくなる可能性があります。

 

不安な方は溢れることのないボトルなどを100円ショップで買ってきて、そこに詰め替えて使っても良さそうです。

 

ボトルのデザインもあまり主張が激しくないので、お泊り用品の中に入っていても恥ずかしくありません。少なくとも口臭予防のものだとは分かりにくいので、せいぜい歯磨き粉、ハンドクリームと思われるくらいでしょう。

 

IKIREIはミントとピーチ2種類届く

IKIREI初回購入時に約2400円で2本(2種類の風味)届きます。1本はおすすめの風味「Peach&Mint(ピンク)」で、もう1本があまりおいしくない残念な風味の「Mint(緑)」です。

 

どちらも中のジェルは透明で色はついていません。CLO2(亜塩素酸ナトリウム)は黄緑色になる物質ですが、濃度が薄いためその色合いは出ていません。

 

IKIREI Peach&Mint
内容量 40g
透明
成分 水、グリセリン、ソルビトール、セルロースガム、PG、PEG-40水添ヒマシ油、亜塩素酸Na、キシリトール、ハッカ葉油、ポリリン酸Na、乳酸Ca、安息香酸Na、香料

 

IKIREI Mint
内容量 40g
透明
成分 水、グリセリン、ソルビトール、セルロースガム、PG、PEG-40水添ヒマシ油、亜塩素酸Na、キシリトール、ハッカ葉油、ポリリン酸Na、乳酸Ca、安息香酸Na

 

購入前は風味が2種類あると書いてなかったのでいまいち分かりませんでしたが、味、香りで2種類必ず届くようなので一応両方試してみると良いでしょう。

 

香りはピーチの方が使いやすい

使いやすいのは「Peach&Mint」のIKIREIです。フタを開けたときから甘い香りがしていて、使っているときも「Peach&Mint」のIKIREIならば甘いので気持ち悪くならずに済みます。

 

歯磨きをする時に、一般的な歯磨き粉の清涼感はなく、さっぱりした桃の香りが来るので口呼吸した時に口臭が気になりにくくなります。少なくとも、ほんの少し、桃の香りがしているのが自分自身でも感じられるので「今、自分は口が臭いかもしれない…」と不安にならずに済みます。

 

桃の風味なので、小学生くらいの子どもでも嫌がらずに使ってくれます。メントール、ミント、キシリトール系の風味を嫌がって使ってくれないこともありますが、「Peach&Mint」のIKIREIならすんなり受け入れてくれるでしょう。

 

ミントは強めのキシリトールみたいで苦手かも

逆に「Mint」のIKIREIは、質の悪いチョコミントみたいな香り、味で、口に含んだ瞬間は味のしない、溶けかけで濃度の濃い片栗粉みたいな食感がします。その後にしばらくしてから「Mint」の風味が出てきてようやく爽快感を感じられます。

 

Mintの風味が出てくれば爽快感がありますが、最初の印象が非常に悪いので、朝、歯磨き粉と一緒に歯ブラシに付けて使っていると嗚咽するくらいの気持ち悪さがあるかもしれません。

 

この「Mint」風味の良さは、甘い息にならない点で、ビジネスの場、男性・男子向け、学校向けといった所でしょう。受付の仕事で甘い香りの息をしていても問題はないですが、学校などで甘い息をしていると、お菓子を食べたのではないかと疑われて面倒な事態になるかもしれません。

 

「Mint」の風味が苦手な方や、チョコミントが苦手な方は、「Mint」のIKIREIは無理かもしれません。「Peach&Mint」のIKIREIでもMintは少し感じますが、「Peach」感が強いので気になりません

 

チューブから直接吸って口をすすぐ方がいいかも

歯磨き粉と一緒だと香りが混ざって気持ち悪い

歯磨き粉と一緒に使っていると、香りや味が混ざってしまって気持ち悪くなるかもしれません。ミント系の風味がある歯磨き粉と一緒に「Peach&Mint」を使っていると、「Peach」の風味が変に加わっておかしくなります。

 

また、リンゴ風味などの歯磨き粉と一緒に使うと余計によく分からない味になるので、子どもに使わせる時に一度気をつけて使わせてあげて、気持ち悪くならないか確かめましょう

 

歯ブラシに付けて使う場合には、IKIREIをブラシの中の方にギュッと入れて、その上に歯磨き粉をのせて一緒に歯磨きすれば、味、風味の違いは気にならないかもしれません。

 

口の中に塗るには量が少ない

説明書には口の中に指などで塗ると良いとも書かれていますが、この方法で塗っているとすぐにIKIREIはなくなってしまいます。それでなくても歯磨き粉としては高く、口臭ケア用品としては簡単には続けられないアイテムなので、賢く使う必要があります。

 

一つのボトルに40gしか入っていないので、口の中全体に伸ばしていると一瞬でなくなります。1本通常価格だと3000円くらいはかかるようなので、1週間で使い切った場合はオーラルケアだけで毎月12000円もかかります。

 

コストを掛けすぎです。それなら、きちんと歯磨きして、歯医者に相談してきちんと保険の効く治療を受けて口臭改善したほうが良いです。

 

2回歯磨きするのはめんどくさい

普段使用している歯磨き粉で磨いた後に、IKIREIでもう一度歯磨きするのは手間が無駄になるので、1回で済ませたほうが良いでしょう。

 

だからといって、歯ブラシに、IKIREIと歯磨き粉を一緒に乗せても使っている感じがしないので、体感でIKIREIの効果を感じられません。

 

それならば、IKIREIをボトルから直接少し口の中、舌の上などに出して、お口をすすいだほうが早いです。歯磨きしたあとのリステリンのような洗口液感覚で使ったほうが口の中全体にも広がってくれて、指で塗り拡げる塗り比べれば、塗り残しもなく簡単で時間もかかりません。

 

舐めて丸呑みでも問題なかった

CLO2(亜塩素酸ナトリウム)は消毒・殺菌に使われる物質ですが、少量であれば飲み込んだとしても健康面に問題はありません

 

ただし、多少の刺激はあるので、喉を痛めている時、風邪が治った直後などは、IKIREIを飲み込むと喉が少し痛いかもしれません。

 

IKIREIの透明なジェルをそのまま口に含んで丸呑みしても問題は起こらず、胃や食道の違和感なし、吐き気なし、体調の悪化なしで毎日継続して利用できています。

 

口臭予防に効果があるのかは、CLO2濃度が少ないので、明確に効果があるとは言えないですが、清涼剤、口臭の一時的な抑制剤としては使えそうです。

TOPへ