IKIREI(イキレイ)使用感&効果レビュー

「IKIREI」は、口臭オーラルケア商品で、主な成分として二酸化塩素「CLO2」を配合しています。このCLO2は、経口摂取は少量であれば安全ですが、水蒸気、気体ガスの状態では有害です。成分としては「亜塩素酸Na」として配合されており、消毒・殺菌系の成分と気をつけることは同じです。二酸化塩素CLO2とはCLO2の化学的性質二酸化塩素「CLO2」とは、化学式CLO2、モル質量67.45g/mol、密度...

「IKIREI」を開発したのは、歯科医の「森下真紀」氏です。「歯科医が開発したオーラルケア商品」と聞くといかにも効果が期待できそうです。とはいえこの商品が本当に信頼できるものか確信を持つには、この森下氏がどんな人物なのかを調べる必要があるでしょう。この記事では、森下氏が歯科医としてどのように活躍しているのか、どんな実績があるのか紹介したいと思います。開発者の素性が分かれば、IKIREIの効果にも期...

話題のオーラルケア商品「IKIREI」の主要成分として使用されているのは「CLO2(二酸化塩素)」です。CLO2は口臭の原因である「硫黄化合物」に対して抑制効果を発揮することが知られています。このCLO2、実はIKIREIには「亜塩素酸ナトリウム(NaCLO2)」として配合されています。両者はほぼ同じ性質を持っていて、作用や注意点などは同じです。CLO2と亜塩素酸ナトリウムについてCLO2と亜塩素...

口臭の原因には様々なものがあります。口臭と聞くと「にんにくやニラなどを食べた後に発生するもの」くらいのイメージしかないかもしれませんが、実は原因になる要素にはいろいろなものがあります。口臭は誰にでも発生しえるもので、しかも口臭が発生しやすいタイミングというものがあります。さらに病気が関係していることもあるため、日ごろから適切なオーラルケアや健康診断が必要です。口がくさいのはなぜ?|口臭の原因どんな...

健康食品や健康用具・化粧品などのネット広告を信頼できるかどうかは、少なからず「薬事法(薬機法)」を意識する必要があります。薬事法とは、正式名称が「医薬品、医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保等に関する法律」という法律の一つです。薬事法は健康や生命を危険にさらさないようにという目的で制定された法律で、商品の誇大広告や虚偽の記述などを厳しく規制しています。簡単に言えば、効果がはっきりしないのに効果...

IKIREIでおすすめなのはPeach&Mint風味のもので、内容量は40g、控えめに歯磨き粉と一緒に使って1カ月は使えるボリュームです。初回購入して使用後に定期購入解約するのも問題なくスムーズでした。確かに子どもでも高齢な方でも使用できて、口臭予防のサポートにはなるでしょう。率直な感想|思ってたより小さいおしゃれ&使い勝手はいいIKIREIのPeach&Mintは画像のようなデザインで、箱に入っ...

IKIREIは、検索結果によく出てくる広告みたいなサイトで販売されているのでどうしても定期購入解約などに不安がありますが、きちんとルールを守っていけばちゃんと思い通りの買い物ができます。購入前にチェックすべき規約部分や、気をつけることをわかりやすくまとめましたので、事前に目を通してから購入しましょう。購入ページへのリンクはこちらの記事にもあります。購入前に必ずチェックして価格は2本セット2400円...

「メチルメルカプタン」は、口臭を生み出す原因物質の一つです。「魚や野菜が腐ったようなニオイ」と表現されることが多いですが、このガスが口腔内にあると、思わず顔をそむけたくなるような口臭が発生します。この物質は自然界にも存在していますが、毒性の高い成分として指定されている物質でもあります。メチルメルカプタンは特に歯周病との関連性が高い口臭成分の一つで、歯周病患者の口臭を測定すると、他の化合物よりもメチ...

IKIREIの定期購入の縛りはありませんでした。しつこい勧誘や口うるさい営業トークもありませんでした。シンプルな定型文的な営業トークはありましたが、きちんと解約希望をつたえたらしっかり対応してもらえました。オペレーターが電話に出るまでに1分、話が終わるまでに3分ほどかかりましたが、サクッと定期購入の解約はできました。解約は商品到着後「電話」でスムーズに平日換算で3日ほどで商品到着IKIREIの決済...

家族や友人と楽しく会話している時、相手からきつい口臭がただよってくると、思わず顔をそむけたくなることがあります。口臭の原因となる物質や要因は様々ですが、主要な要因の一つに「ジメチルサルファルド」が挙げられます。ジメチルサルファルドは、「硫化水素」や「メチルメルカプタン」とあわせて「口臭三大要因」の一つにカウントされています。ジメチルサルファルドは嫌気性細菌が口腔内の組織を分解することで発生しますが...

TOPへ