IKIREI(イキレイ)とリステリンは一緒に使っていい?

IKIREI(イキレイ)とリステリンは一緒に使っていい?

有名なオーラルケア商品の一つにリステリンなどのマウスウォッシュがあります。

 

マウスウォッシュをIKIREI(イキレイ)と同時に使うことは可能です。ただ併用は刺激が強めなのであまりおすすめはしません

 

また歯磨きや舌磨きができていないと、これらのオーラルケア商品を使っても口臭やその他の歯の問題を防ぎきれない恐れがあります。ですからまずは基本の歯磨きの習慣をしっかりつけることが先決です。

 

使っても良いけど効果は期待しないで

リステリンはアメリカのジョンソン&ジョンソンが販売している洗口液です。かなり有名なので誰でも一度は聞いたことがあるかもしれません。

 

リステリンはチモールやサリチル酸メチル、l-メントールなどによる殺菌作用をうたったオーラルケア商品で、口内環境を改善する目的で多くの人に使われています。

 

多くの家庭にリステリンはあるかと思いますが、リステリンをIKIREI(イキレイ)と併用するのは基本的に問題ありません

 

IKIREI(イキレイ)は二酸化塩素の殺菌作用に注目した商品で、口臭のもとになる原因菌を抑制することを目的としています。

 

IKIREI(イキレイ)の商品ページには、他のオーラルケア商品との併用に関して以下のような記述があります。

他の製品との併用は、もちろん問題ありません。
参考::IKIREI(イキレイ)商品ページ

ですからリステリンと一緒に使いたければ特に問題ありません。薬の飲み合わせのように心配する必要はありません。

 

とはいえ効果に関しては微妙です。IKIREI(イキレイ)とリステリンを併用したからといって、劇的に口臭が改善されるとか、口内環境が回復するというわけではありません。

 

というのも、リステリンもIKIREI(イキレイ)も症状に対する対策にはなりますが、口内環境を整えて口臭を減らすには、別の要因にも注意を向ける必要があるからです。

 

リステリンより舌磨きをして

口臭が発生する主要な要因は口の中のバクテリアです。ですから殺菌作用のあるオーラルケア商品を使うと口臭対策になるのは確かです。

 

しかし口臭の大きな要因の一つは舌苔です。舌苔は舌の表面に出来る白っぽい苔上のものですが、実はこれは細菌の固まりから出来ています。

 

口臭を発生させている物質は揮発性硫黄化合物と呼ばれますが、それを産生する細菌の多くは、この舌苔に由来しています。

 

ですから口臭対策のためにはまず、舌をきれいにすることを意識しなければなりません。舌ブラシや舌ベラなどを使ってきれいに舌苔を取り除くことで口臭の原因物質を減らせます。

 

リステリンを使うのもいいですが、まずはより直接的に原因物質を口の中からなくしていくのが賢明です。

 

ただ注意点として、舌を強く磨き過ぎると粘膜が傷ついてしまうので、あくまで優しく丁寧に清掃するのがポイントです。

 

IKIREI(イキレイ)と歯磨き粉で歯磨きしたほうが良い

歯磨きももちろん重要です。正しく歯磨きをすることで虫歯や歯周病予防になります。虫歯や歯周病になると、単に痛みや不快感があるだけでなく、口臭もひどくします。

 

虫歯の場合、開いてしまった穴に細菌がたまってしまって口臭を発生させますし、歯周病の場合、歯と歯茎の間にできた歯周ポケット(境目にできた深い穴)の中に細菌が増殖し、硫化水素やメチルメルカプタンなどの口臭ガスを発生させます。

 

そうならないためには、正しい仕方で歯磨きをして常に口の中をきれいな状態に保つことが大切です。口臭を抑えるためにIKIREI(イキレイ)を使い、歯を磨き上げるために歯磨き粉を使うことで対策すると良いでしょう。

 

IKIREI(イキレイ)単独でも歯磨き粉のように使えますが、できればフッ素系歯磨き粉との併用を心がけてください。フッ素は歯の再石灰化を促す作用があるので、口内環境改善には望ましいです。

 

IKIREI(イキレイ)&リステリンなしでも歯磨きできていれば口臭は減る

IKIREI(イキレイ)とリステリンはどちらも殺菌効果に期待が持てる良い商品ですが、基本の歯磨きだけでも十分口臭を減らすことはできます。

 

繰り返しますが、口臭の原因は口の中のバクテリアです。バクテリアは歯垢などにたくさん付着しています。

 

歯垢をとって舌苔をきれいにすれば、IKIREI(イキレイ)やリステリンで殺菌しなくてもある程度口臭の元はなくなります。

 

もちろん歯磨きした上でこれらのオーラルケア商品を使ってもいいのですが、とにもかくにも歯磨きという土台があって初めて本当の口臭対策になります。

 

刺激が強すぎるのでおすすめしない

IKIREI(イキレイ)とリステリンの併用は、刺激が強いという意味でもおすすめはしません。リステリンにはいろいろな種類がありますが、中には口の中で痛みかと思うような刺激を与えるタイプもあります。

 

殺菌する力が強いゆえなのかもしれませんが、すぐには慣れないほど刺激が強いです。

 

またIKIREI(イキレイ)については、主成分の二酸化塩素に刺激性があります。二酸化塩素は漂白剤としても利用されることがある成分なので、濃度の違いこそあれ、やはり刺激をうみます。

 

両者を併用するとトータルでの刺激がかなり強いはずなので、少なくとも刺激に弱い子どもが使用するのはおすすめできません

 

ニオイの根本原因をなくさないと意味がない

口臭の根本原因は、口の中に巣くうバクテリアです。バクテリアが上皮組織や食べかす、血液などを分解することで揮発性硫黄化合物が発生し、口臭として認識されます。バクテリアは舌苔や貯留唾液、歯周病巣など様々なところで硫黄化合物を産生し続けます。

 

特に舌苔と歯周病が硫黄化合物を産生する最も代表的な場所なので、これらの根本原因をなくすことが、口臭を減らす近道です。

 

先述のようにしっかりと舌磨きをする他、歯周病を速めに治療することも大切です。リステリンだけでは歯周病には対応しきれません。

 

IKIREI(イキレイ)で正しい歯磨きをするのがベスト

リステリンのようなマウスウォッシュには多彩化に殺菌作用は見込めますが、ある程度物理的な摩擦がないと掃除しきれないものもあります。

 

例えば、マウスウォッシュは歯周病患者にできる歯周ポケットの内部までには普通届きません。またバイオフィルムと呼ばれる成分が形成されているので、仮にポケット内部にまで届いたとしても、歯肉内部の細菌に効果を発揮できません。

 

このように物理的な摩擦などを加えないと清掃しきれないものがあるため、やはり正しく歯磨きをする習慣を身に着けることが大切です。

 

IKIREI(イキレイ)は口腔内に塗り拡げるだけでなく歯磨き粉として利用できるので、通常の歯磨き粉と併用しながら使うと良いでしょう。

【↓↓メーカーが激怒する激辛毒舌レビュー↓↓】

イキレイ口コミ

イキレイの【メーカーが激怒】する【激辛毒舌】の口コミ体験談はコチラ

TOPへ