学校や職場でも変に思われない自然なIKIREI(イキレイ)の使い方

学校や職場でも変に思われない自然なIKIREI(イキレイ)の使い方

IKIREI(イキレイ)は口臭対策に特化したオーラルケア商品です。歯磨き粉のパッケージのようにも見えますが、そのままで使っていると、周りの人から口臭対策をしていることがばれてしまわないとも限りません。

 

口臭の問題はデリケートなテーマなので、できるだけ周りに知られずに使いたいという方は多いはずです。

 

学校や職場でバレずに使うためには、ボトルなどに商品を移し替えたり、マウスウォッシュのようにして使うという手もあります。

 

学校でバレない使い方【参考】

IKIREI(イキレイ)は様々な歯科クリニックで導入されていて、今注目されているオーラルケア商品の一つです。

 

しかしIKIREI(イキレイ)は基本的に口臭対策に特化した商品です。つまり端的に言えば、「口が臭い人が使う商品」ということです。

 

口が臭うこと自体は恥ずかしがることではありません。起床時や空腹時や緊張している時など、唾液の分泌が減る時には誰でも口臭が発生するものです。

 

これは、唾液が口臭のもととなる「揮発性硫黄化合物」を産生するバクテリアを抑制するためです。「口臭がする=歯のケアをしっかりしていない人」というわけではないので、問題ありません。

 

とはいえ、歯のケアを本当にしていない人の場合は、そのような一時的な口臭ではなく慢性的に口臭の問題を抱えてしまうことがあります。

 

そのような場合は、IKIREI(イキレイ)のような口臭対策グッズが有用です。とはいえ、オーラルケア商品といっても、口臭対策と通常の歯磨きとではイメージが違います。

 

学校や職場で食後に同僚が歯磨きをしている姿を見ても、特にだれも何も思わないでしょう。むしろ「清潔にしているんだな」と高評価になることさえあるはずです。

 

しかし、使っているグッズが口臭対策だとしたら、「この人口臭がきついんだ」と、逆に口臭の悩みがあることを知られてしまうことになりかねません。ですから、できれば口臭ケアをしていることを知られたくない人が多いでしょう。

 

学校でIKIREI(イキレイ)を使う場合に、どうすれば友達にばれずに使えるか、いくつかの案をご紹介しましょう。

 

100円ショップのスプレーボトルに入れ替える

まずおすすめなのが、100円ショップなどに売っているスプレーボトルに入れ替えてしまうことです。IKIREI(イキレイ)のパッケージは通常の歯磨き粉のようにも見えますが、意外と周りの人はパッケージのデザインなどをよく見ているものです。

 

見慣れない歯磨き粉だと思って、どのメーカーか尋ねられてしまうかもしれません。あるいはIKIREI(イキレイ)という文字を見て、「息きれい」の略語だと推測されてしまう恐れがあります。

 

IKIREI(イキレイ)のパッケージのまま使うと、このように周りの人の好奇心を誘う恐れがあるため、他の容器に移し替えてしまう方が良いでしょう。

 

仮に何を使っているのか尋ねられても、「口腔内の環境を良くするためのオーラルケア商品」と答えれば大丈夫です。「バクテリアを殺菌する薬剤が入っている」と言っても良いでしょう。

 

唇に塗るふりをして口内に入れる|手で隠せばOK

IKIREI(イキレイ)はそのままチューブから吸うようにして口に入れても大丈夫な商品です。そのため、唇用のケア商品かのようにして塗る動作をすれば、口臭対策グッズだとはまず思われないはずです。

 

さっと口の中に含んで、後は舌先で口の中全体にうすく延ばすようにして拡げれば準備万端です。

 

ただこの方法を使う場合の注意点として、指先でやらないように気を付けてください。指先でリップクリームを塗るような仕草で口内に入れると不衛生です。

 

指は様々なものを触るため、雑菌が大量に潜んでいる恐れがあります。一見きれいなように見えても、実はばい菌だらけということもありえます。特に学校などたくさんの人間が行き交っている場所であればなおさらです。

 

トイレの個室でこっそり使う

もし上のやり方が面倒ということであれば、トイレの個室など人がいない場所で使用するという方法もあります。個室であればだれの目も気にせずに堂々とIKIREI(イキレイ)を使えます。

 

ただし注意点として、トイレは不衛生な場所なので、IKIREI(イキレイ)を使う時はパッケージを不必要に便座のタンクの上などに置いてしまわないように気を付けてください。また個室の扉やカギに触れる時には雑菌が指先についてしまう可能性が大です。

 

先述のように指先を使って口の中にIKIREI(イキレイ)を塗り拡げるのはやめたほうが良いでしょう。商品ページには指先を使えるという記述がありますが、基本的には舌先だけを使う方が衛生的です。

 

職場ではマウスウォッシュっぽく使う

職場で使う時も基本的には同じ方法で周りにバレないように工夫できます。

 

最近はリステリンなどのマウスウォッシュをオーラルケアに使う方が大勢いらっしゃいますが、同じような要領でIKIREI(イキレイ)を使用するのもアリです。

 

水に薄めて使っても良いかも

IKIREI(イキレイ)は飲み込んでしまっても安全上問題がありません。ですからバレずに使う方法の一つとして、ボトルなどに移し替えたIKIREI(イキレイ)を少量の水に薄めて口に含むのは良い方法です。

 

あまり薄めすぎると効果がほとんど期待できない可能性があるので、あくまでも少量程度にとどめると良いでしょう。

 

紙コップなどにIKIREI(イキレイ)を大豆大くらいの量出して、そこに水を少量入れ、そのまま口の中でクシャクシャするように使えば、いかにもマウスウォッシュをしているように見えます。

 

あるいは、水だけ先に飲んでIKIREI(イキレイ)のジェルは口の中に留めて使うという方法もありでしょう。

 

プッシュボトルに入れ替えて使うのもあり

容器を入れ替えれば、余計に口臭対策グッズではなくマウスウォッシュ用品のように見えるでしょう。プッシュボトルタイプの容器に入れれば、簡単にコップの中にIKIREI(イキレイ)を出せます。

 

もしマウスウォッシュを装って使用するのが面倒という場合は、プッシュボトルからIKIREI(イキレイ)を歯ブラシに直接出して、そのまま歯磨き粉として使う方法もあります。

 

商品ページでも歯磨き粉の代用としての使用法が推奨されています。ボトルを入れ替えていれば、口臭対策をしているようには見えません。

【↓↓メーカーが激怒する激辛毒舌レビュー↓↓】

イキレイ口コミ

イキレイの【メーカーが激怒】する【激辛毒舌】の口コミ体験談はコチラ

TOPへ