幼児の歯磨きでIKIREI(イキレイ)を使っても大丈夫?

幼児の歯磨きでIKIREI(イキレイ)を使っても大丈夫?

IKIREI(イキレイ)は簡単に口臭対策ができる画期的なオーラルケア商品です。安全性については保証されていますが、乳幼児に使用するのはやめておいた方が良いでしょう。

 

IKIREI(イキレイ)の主成分である二酸化塩素には、刺激性が少なからずあるからです。

 

IKIREI(イキレイ)の使用よりも、まずは基本の歯磨きの重要性を教えて、しっかりデンタルケアができるようにサポートするのが先決です。

 

幼児・乳幼児への使用は基本控えて

IKIREI(イキレイ)の商品ページには、本商品の使用年齢制限についての記載が特にありません。つまり、大人も子どもも使用することができるということになります。オーラルケアの重要性は年齢を問わず大切です。

 

子どものころからしっかり歯磨きの方法を学んで歯のケアをすることで、虫歯や歯周病のリスクを下げることができます。また、口臭対策ができるオーラルケア商品を使えば、口臭で周りから引かれてしまうのも避けられます。

 

とはいえ、IKIREI(イキレイ)の使用については、基本的に年齢制限をある程度設けた方が賢明な場合もあります。家庭によって判断が異なりますが、IKIREI(イキレイ)を乳幼児に使用するのは控えた方が良いでしょう。その理由を解説します。

 

基本の歯磨きで可能な限りカバーしてほしい

IKIREI(イキレイ)は口臭対策商品として効果に期待ができますが、IKIREI(イキレイ)は基本的にトータルデンタルケア商品ではありません。虫歯予防や歯周病予防に特化しているわけではなく、あくまで口臭を抑制するための商品です。

 

もちろん、口臭のもとになるバクテリアを殺菌してくれるので虫歯に全く効果がないとは言えませんが、健康な歯を守りたいのなら、IKIREI(イキレイ)以前に基本の歯磨きの習慣を身に着けるべきです。

 

口臭が起きる原因は様々ですが、虫歯や歯周病があると余計にバクテリアが増殖してしまい、それらのバクテリアが口臭のもとになる硫黄化合物を産生するようになります。しかし正しい歯磨きの習慣があれば、簡単には虫歯になりません。

 

正しい歯磨きには舌磨きも含まれます。舌にはたくさんの凸凹があって、ここに細菌がたまります。細菌が溜まると「舌苔」という白い苔上のものが見えるようになります。

 

舌苔は口臭のもとになるので、歯を磨くときは舌を磨くようにも教えてあげてください。こうすることで、虫歯だけでなく口臭のもとを断つことができます。

 

子どもはIKIREI(イキレイ)を絶対使ってはいけないわけではないですが、基本の歯磨きをまず身に着けさせることがトータルデンタルケアになります。

 

子どもの場合飲み込むのはリスクがある

子どもにIKIREI(イキレイ)の利用をおすすめしないのは、リスクを考えてのことです。未発達の子どもやオーラルケアがうまくできない子供は、誤って歯磨き中に口腔内の水分を飲み込んでしまう恐れがあります。

 

歯磨き粉にしろIKIREI(イキレイ)にしろ、基本的にオーラルケア商品は経口摂取するようには出来ていません。

 

IKIREI(イキレイ)の商品ページには以下のような説明があります。

「人体への悪影響はないので飲み込んでしまっても大丈夫!安心してご利用いただけます。」
参考:IKIREI(イキレイ)商品ページ

この説明によると、仮に飲み込んでしまっても安全に問題はないとのことですが、これはあくまで大事には至らないということであり、飲み込まない方が良いのに越したことはありません

 

もし子どもが上手にうがいができないとか、歯磨きしている最中にごっくんと成分を飲み込んでしまう様子が観察されるなら、万が一のために使用は控えた方が良いでしょう。

 

もう少し歯磨きを上手にできるようになったら使わせてあげれば良いです。

 

刺激に負けてつらい&痛い思いをさせるかも

IKIREI(イキレイ)に使われている主要成分は二酸化塩素(CLO2)です。この成分は亜塩素酸ナトリウムとも同一のものですが、わずかながら刺激性があります。二酸化塩素の刺激性については以下のような文献があります。

マウスに本物質を含む水溶液 (9.7~11.4 mg/L) を48時間適用した結果、刺激性はみられなかったとの報告 (ATSDR (2004)) がある一方で、ウサギに本物質 (80%) を24時間適用した結果、刺激性がみられたとの報告 (EPA Pesticide (2006)) がある。
参考:厚生労働省/職場のあんぜんサイト

この動物実験では、皮膚への刺激性が少なからず観察されています。必ず刺激があるというわけではないにしても、ヒリヒリ感を感じさせる可能性があります。

 

大人であれば大した刺激に感じなくても、子どもは多少の刺激で大騒ぎすることがあります。

 

IKIREI(イキレイ)を使用して口から成分が垂れてピリピリ感を感じる恐れがあります。またIKIREI(イキレイ)がついて指で目をこすってヒリヒリする恐れもあります。ですから、乳児はもちろん、年端もいかない幼児には使わなせない方が無難でしょう。

 

歯磨き粉と一緒に使う場合

もしある程度歯磨きが上手にできるようになったら、IKIREI(イキレイ)を使わせ始めても良いでしょう。IKIREI(イキレイ)は口に広げるようにして使うこともできますが、歯磨き粉と一緒に利用することもできます。

 

単独でも利用できますが、商品ページでは他のオーラルケア商品との併用についても問題なしとしています。併用する時の注意点を見てみましょう。

 

最初は少量のみブラシにのせて|すすぎ大事

最初のうちは刺激性をかんがえて、少量だけIKIREI(イキレイ)を使用してください。歯磨き粉をメインにしてIKIREI(イキレイ)はサブ的な使い方ができます。

 

使用後はしっかり口の中をすすぐようにしてください。成分が少しでも残っていると、唇周りなどに二酸化塩素成分がくっついて、多少なりとも刺激があるかもしれません。しっかりすすいでしっかり乾かしてあげましょう。

 

刺激や違和感を訴えたらすぐやめること

もし使用してみて子どもが違和感やヒリヒリ感を訴えるようなら、すぐに使用を中止してください。しっかり口の中をすすいで顔も洗いましょう。

 

ヒリヒリ感は数十分もすればおさまると思いますが、様子をよく観察してあげてください。その後の使用は、もう少し大人になってからにしてあげると良いでしょう。

【↓↓メーカーが激怒する激辛毒舌レビュー↓↓】

イキレイ口コミ

イキレイの【メーカーが激怒】する【激辛毒舌】の口コミ体験談はコチラ

TOPへ